書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

大人数でテキストメッセージするときは後から読む人への配慮が必要

スマホを触る女性

大人数でテキストメッセージをすることが多い”ぞの(@z02n05)”です。

もしあなたも大人数のグループに属していたら、こんな思いを感じたことがあるでしょう。

「通知が多すぎて訳分からない」

今日は、自分がこのように思われないために、僕がやっていることを紹介しましょう。

広告

通知が多すぎて困る

FacebookのメッセンジャーアプリやLINEなどで、連絡を取り合うのは現代人なら誰もがやっていることでしょう。

しかし、これらのテキストメッセージは、大変便利でありながら、一つだけ欠点があるように思います。

通知が多すぎて訳分からなくなることです。

  • 仕事が終わってからスマホを見てみたら、通知が100を超えていてビックリ。
  • いろんなグループからたくさん通知が来ててうんざり。

テキストなので、後で見返すことができるメリットはありますが、少し嫌な気分になってしまいます。

必要ないことは言わない

僕はテキストメッセージを送るときに、必要ないことを言わないように注意をしています。

例えば、「ありがとう」を言わないなどです。

なぜこのようなことを気をつけているのかというと、後から読む人に配慮しているからです。

後からまとめて読むことを考えると、必要ないこともテキストで残っていると「大事なことは何か?」がわかりにくくなってしまいます。

特に大人数でやり取りをしている場合、みんなが「ありがとう」と言ってしまうと、後から読んだ人は「何にありがとうと言っているのか?」を探すことが困難になりかねません。

「了解」も同様です。基本は既読にするだけで対応しています。

理解したかどうか、確認を求められたときだけ返事をするようにしています。

そうすることで、メッセージ件数が減り、後から読み返しても会話の内容が分かりやすくなります。

さいごに

大人数でテキストメッセージをするときは、必要がない発言をしないように気をつけています。

その理由は、後から読む人に配慮しているからです。

あなたも後から読む人のことを考えてメッセージ交換をしてみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

ぞの
平成生まれのサラリーマン×ブロガー。
書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。
詳しいプロフィールは、"こちらから"ご覧いただけます。
〜記事を探す〜
〜記事を探す〜