ICカード電磁波防止シートをスマホケースに〜改札口をスムーズに通過するアイテム〜

電磁波防止シート

iPhone7に機種変更したけど、Suicaを使うことがない”ぞの(@z02n05)”です。

iPhoneで改札を「ピッ」と通り抜けてみたいのですが、残念ながら僕が住んでいる地域だとSuicaの出番が少ないのです。

そのため、別のICカードをabicaseに入れていますが、一緒に入れてみた電磁波防止シートがとてもいい働きをしてくれているので紹介しましょう。

スマホケースに入れたICカードの反応が悪い

Abicase

僕のiPhone7は、見た目、感触、香り、どれを取っても最高なabicaseを使っています。

そんなスマホケースを装着しているので、iPhoneを触るたびにニヤニヤしてしまいます。

しかし、abicaseには一つだけ問題を感じていました。

ICカードの反応が悪いということです。

電車の改札口でかざしても、うまく反応せずに通せん坊を食らってしまうことが何度もありました。

電磁波防止シートで即効解決

ICカードの電磁波防止シート1

どうしようかと頭を悩ませていた時に出会ったのが、ICカードの電磁波防止シートです。

ICカードの電磁波防止シート4

非常に薄いので、abicaseに入れても全く分厚さに変化はありません。

電磁波防止シートは、スマホとICカードの間に入れ込むだけでセット完了です。

そして、また通せん坊を食らってしまわないかと不安を抱えながら、改札へ向かいました。

すると、とっても感度が良くなっていました。

しっかり目にかざさないといけなかったabicaseが、「ピッ」とかざすだけで通り抜けることができるようになったのです。

電磁波防止シートをセットしてから、改札で恥ずかしい思いをしなくなったのです。

さいごに

ICカードの反応が悪いと思っている人、全てに電磁波防止シートを試してもらいたいと思います。

きっと感度の違いに驚くことになるでしょう。

iPhoneでSuicaが使えなくても、勢いよく改札を通り抜けていきましょう。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

▼あわせて読みたい




記事のタイトルとURLをコピーする!
MacBook

まず最初に読んでほしい7つの記事

1000以上ある記事の中から、厳選した7つの記事をお届けします。

TaskChuteCloud紹介用バナー(2)

TaskChute Cloud初心者向けの使い方

TaskChute Cloudを使いこなすための8つのステップを紹介しています。
時間の使い方を自覚し、自分らしい人生を送るための必須ツールです。