書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

「沈黙のWebライティング Webマーケッター ボーンの激闘 松尾茂起さん」本気でサイトを構築するなら読者ファーストが必須です

沈黙のWebライティング Webマーケッター ボーンの激闘

「沈黙のWebライティング Webマーケッター ボーンの激闘」を読んだ”ぞの(@z02n05)”です。

最近、ミニサイトに関心があり、Webサイトの構築について知りたいと思って手に取ったのが本書です。

Webという媒体での、文章の見せ方、心構えなど、Webサイト構築のための知識が、物語で学ぶことができます。

その中でも最も印象に残っていることは「読者のことを思いやる心」が最重要だということです。

広告

Webサイトを盛り上げるために

あなたはWebサイトを作ってみたいと思ったことはありますか?それとも、もう既にWebサイトを運営していますか?

僕は当ブログ「ぞのドットコム」と、本を紹介するサイトの2つのWebサイトを運営しています。

<あなたにオススメしたい3冊を紹介するサイト>

どちらのWebサイトも自分の大好きなことを紹介しているサイトなので、楽しみながら記事を書くことができていますが、人気があるかと聞かれると固まってしまいます。

そこで人気があるサイトにするためには、どんな文章が求められるのかを知りたくて手に取ったのが、Webライティングについて書かれた本書です。

人気があるWebサイトに必須なライティング力

Webサイトを作るということは、お皿に料理を盛り付けるようなものだと思います。

お皿というのは当ブログでいうとWordPressというサイトを構築するためのツールや、WordPressを運用するためのレンタルサーバーのことです。

そしてこのお皿の上に盛り付けるのが、美味しく食べてもらう料理。つまり、記事です。

人気の料理店は、お皿が綺麗だから人気なのではなくて、料理がおいしいから人気なのです。それと同じように、人気のWebサイトは、記事が読者の心に響くから人気なのです。

だから、ライティング力を身につける必要があるのです。

最初から最後まで読者ファースト

本書にはWeb初心者が陥りがちなミスから、それらの解決策まで盛りだくさんな内容が詰め込まれています。

僕も1年半のブログ運営経験の中で「これやってる!」と共感できる部分がたくさんありました。

しかしそれ以上に印象に残っているのは、「Webライティングってこんなにも読者のことを考える必要があんだ!」ということです。

一つの記事を書くにしても、情報収集をしてマインドマップでまとめて、他のサイトとの差別化を行い、共感されるような感情を盛り込む。

そして読者が必要としている記事を書き上げていくのです。

恥ずかしながら、僕はここまで考えられていませんでした。小手先だけの技術に頼っていたのです。

さいごに

人気のあるWebサイトを構築するためには、ライティング力が必須スキルです。

本書を読んでライティング力とは、一言で言うと「読者のことを思いやる心」だと言われた気がします。

事実、読者のことを思いやられている本書は、かなりのボリュームであるにも関わらず、一気に読み切ることができました。

あなたもWebサイトを人気なものにしたいなら、本書を手に取ってみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

こちらのサイトも運営しています

<あなたにオススメしたい3冊を紹介するサイト>

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で