書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

Fitbit「Charge2」と対面した瞬間に惚れた感動をお伝えしましょう

「Charge2」

Fitbitの活動量計「Charge2」を手に入れた”ぞの(@z02n05)”です。

今までは「Charge HR」を使っていましたが、最新モデル「Charge2」が僕を呼んでいる気がして購入ボタンを押していました。

そして、今日この瞬間に僕の腕へと到着したので、あなたにも感動をお伝えしましょう。

広告

ガジェッターにとって開封の儀は必須

Fitbit Charge2 3

僕たちガジェッターにとって、開封の儀は必ず執り行わなければいけない儀式です。ある種の義務と言っても間違いではないでしょう。

ガジェットとの対面の瞬間をより楽しむため、感動を味わうために、自らの気持ちを高ぶらせるのです。

そのため、今回も例外なく開封の儀を執り行いました。

精神を集中させて、「Charge2」との対面に備えたのです。

開封した瞬間に同封物をすべてチェック

精神の集中を終えると、一つずつテープを剥がしていく作業に取り掛かります。まるで絹ごし豆腐を触るかのように、優しくカッターナイフを入れていきます。

そして、箱を開けることができたこの瞬間がとにかく堪りません。

Fitbit Charge2 4

専用の箱に入れられた「Charge2」を見ているだけでも、ご飯を食べることができてしまいます。

次に、同封されているものをチェックします。

「Charge2」の場合は、「本体」「取扱説明書」「充電用コード」の3つでした。

Fitbit Charge2 5

画面が大きくて見やすい

それでは早速手にとって本体を見つめていきます。

「Charge2」の最大特徴は、何と言っても画面の大きさでしょう。

「パッ」と見ただけでも、かなり大きいことがわかります。

Fitbit Charge2 6

「Charge HR」と比較すると、よりわかりやすいです。今までこんな小さい画面で見ていたのかと、驚いてしまうほどの大きさです。

Fitbit Charge2 7

初期設定後に、時計を表示させてみると、とても見やすいことがわかります。これで、近くが見えにくい人でも、楽に見ることができるかと思います。

Fitbit Charge2 8

「カパッ」と挟むタイプの充電方法が楽チン

「Charge2」の2つ目の特徴は、充電方法が変わったことです。

洗濯バサミで洗濯物を挟むように「Charge2」を挟んで充電するのです。

これで「Charge HR」を使っていた時に感じていた、充電のしにくさが解消されること間違いありません。

Fitbit Charge2 9

Fitbit Charge2 1

さらに充電用コードも「Charge HR」のものと比べて3倍ほど長くなったので、使い勝手が向上しました。

Fitbit Charge2 2

さいごに

「Charge2」が到着してからほんの少し触れただけで、見た目のかっこよさに惚れてしまいました。

画面も大きくて見やすいし、充電方法もスマートな方法へと変更されています。

あなたの腕にも「Charge2」をつけてみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で
この記事が「いいね!」と思ったら押すボタン

広告

広告

「ぞのドットコム」の中を検索できます
「ぞの」とは誰か?

"ぞの(z0n0)"。平成生まれのサラリーマン×ブロガー。

600を超えるブログ記事では、あなたがやってみたいと思ったときの勇気に繋がるような、学びや挑戦の体験記を綴っています。

詳しいプロフィールはこちら

SNSでフォロー
Feedlyでフォロー
follow us in feedly