書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

Fitbit「Charge2」は「Charge HR」と比較して出来ることが劇的に増加して嬉しいです

Fitbit「Charge2」を「Charge HR」と比較

Fitbit「Charge2」を購入した”ぞの(@z02n05)”です。

「Charge2」を使い始める前は、「Charge HR」を使っていました。

届いてすぐに購入してよかったと感じましたが、使い始めても「やっぱりいいね!」と感じています。

今日は「Charge HR」と比較して、どこが便利と感じるようになったのか紹介しましょう。

画面が大きいことは最高です

Fitbit Charge2 を Charge HR と比較7

「Charge2」を付けていて、最も嬉しく思うのが画面の大きさです。

パッと見て、何が書いてあるのかわかるのが嬉しいです。

「Charge HR」だと、動きながら見た時に、「何時って書いてあるんだ?」と目を細めることがありました。

Fitbit Charge2 を Charge HR と比較2

また自分の好みによって、画面表示を切り替えられるようになりました。

使い始めたばかりの今は、時計が見やすい表示にしていますが、気分によって変更するつもりです。

充電しやすさは重要

「Charge HR」を使っていた時に密かに感じていたのは、充電のしにくさでした。

充電器の差し込み口をうまくハメられずに、差し込み口付近に傷がついてしまっていました。

Fitbit Charge2 を Charge HR と比較3

しかし「Charge2」は、挟むだけなので、非常に楽に感じています。

こういった、ちょっとした使いやすさが、長く使うかどうかを決めるように思います。

運動促進通知ありがとう

Fitbit Charge2 を Charge HR と比較1

「Charge2」は、1時間に250歩を歩くことを促してくれます。

椅子に座ってパソコンを触ったり読書をしていると、つい立ち上がることを忘れてしまい、足が浮腫んでしまうことがあります。

使い始めて数日ですが、この通知のおかげで、何度も歩くことに気づかされています。

「Charge2」から追加されたかなり嬉しい機能です。

しばしのリラックスタイムができる

Fitbit Charge2 を Charge HR と比較4

世間ではマインドフルネスや瞑想といった、気持ちを休めることを勧める言葉をよく耳にします。

「Charge2」ではガイド付きで呼吸セッションを行うことができるようになりました。

常に腕に付けている「Charge2」なので、ちょっとした隙間時間などに試してみることができそうです。

「どこでもできるはじめての瞑想 宝彩有菜さん」特別な準備は不要 日常生活に瞑想を取り入れる方法を知れる一冊

自転車での移動をトラッキングしてくれる

Fitbit Charge2 を Charge HR と比較8

最新モデル「Charge2」からは、トラッキングしてくれる運動が増えました。

僕は自転車で通勤しているのですが、サイドボタンを押すだけで、移動ルートや時間などのログを残すことができます。

Fitbit Charge2 を Charge HR と比較6

ログを残すことで、「もっと早く漕ごう!」とか「ちょっと遠回りしてみよう!」といったモチベーションアップに繋がるので、忘れずに使っていきたい機能です。

バンドを交換することができる

Fitbit Charge2 を Charge HR と比較9

「Charge2」はなんと、バンドを好みのものに変更することが可能です。

現在販売されているだけでも、種類が多く、見た目もかっこいいものが多いので、これから品数が増えていくことが期待できます。

比較的安いものが多いので、TPOによって変えてみるのもいいかもしれません。

さいごに

「Charge2」は「Charge HR」と比べて、できることが多くなったことが非常に嬉しいポイントです。

機能が多いので、もっと便利な使い方に気が付くことができるかもしれません。

あなたもFitbit「Charge2」を試してみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で