書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

枕を変える決心は1年必要だったけどたった3日で眠りにくさはなくなった

眠そうな赤ちゃん

人生のうち3分の1を寝て過ごしている”ぞの(@z02n05)”です。

そのため僕にとって睡眠は、とても重要なので、なるべく快眠度を高くするために試行錯誤を繰り返しています。

今日はその一環として、長年使っていた枕を変えてみたので、導入したての眠りにくさはたった3日間だけだったことをお伝えしましょう。

快眠度を上げるために記録しながら試してきた10のこと

広告

枕を変えようと思ったきっかけ

僕は快眠度をとても重要視しています。なぜなら人生の3分の1を眠って過ごすので、より快適な睡眠を行うことで、残りの3分の2の起きている時間のパフォーマンスが上がると考えているからです。

今回は快眠度を上げるための試行錯誤の一環として、枕を変えてみました。

この枕は、友人宅へ宿泊した時に貸してもらったものです。その時の快眠度がとても高かったので、借りたものと同じ枕を購入したのです。

▼僕が購入した枕はこちら

枕を変えるには決心が必要だった

想像できるかもしれませんが、枕を変えるということは、導入時に違和感を感じます。

例えるなら、Androidしか使ったことがない人がiPhoneを使い始めたような、サッカーばかりやっていた人がフットサルに転向したような、全く扱えないわけではないけど、ちょっと違和感があるような感覚があります。

そのため、枕を変更するということは、ある意味で一大決心が必要だと感じるわけです。僕も快眠度を計測するようになってから、枕を変えたいと思い続けていましたが、決心するまでに1年ほど悩んでいました。

しかし、快眠度が高くなる枕を見つけたことで、ようやく変えてみる決心がついたのです。

3日間だけ眠りにくいと感じた

購入したての枕で眠ることは、想像通り違和感がありました。もちろん快眠度が高いのですが、どこか眠りにくさを感じました。

しかし、当初考えていた眠りにくさも、3日が経つ頃に感じなくなっていました。首の位置が枕に馴染んだ感覚になってきたのです。

このことは僕にとって嬉しい誤算でした。

快眠度は高いけど、当分の間、眠りにくいと感じ続けるのだろうなと思っていたからです。

予想以上に早く、僕の体は新しい枕に馴染んでくれたようです。こんなにも早く適応できるのなら、もっと早く枕を変えてもよかったなと、反省しています。

さいごに

枕を変更することは、一大決心がいるように思いがちですが、体は早く適応してくれることがわかりました。

僕の場合は、たったの3日で眠りにくさを感じなくなりました。

あなたも枕を変えようか悩んでいるなら、気軽に決心してもいいかもしれません。

▼僕が購入した枕はこちら

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

管理人 : ぞの
平成生まれのサラリーマン×ブロガー。 700を超えるブログ記事では、あなたがやってみたいと思ったときの勇気に繋がるような、学びや挑戦の体験記を綴っています。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で