書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

電子書籍をKindleで読むのに9.7インチのiPadを使ってる5つの理由

屋外で読書を楽しむ少女

9.7インチのiPad Air 2でKindleの電子書籍を読んでいる”ぞの(@z02n05)”です。

23インチのPCモニターやKindleのPaperwhile、Voyageなどの端末を使ってみましたが、9.7インチのiPad Air 2での読書がしっくりきています。

その理由は5つあるので、あなたにだけ紹介しましょう。

広告

フォトリーディングで読みやすい

僕はフォトリーディングという読書法で、本を読んでいます。

本を文字として認識するのではなく、画像として認識することで、脳に情報をインプットする読書法です。

速読法「フォトリーディング」を学ぶ人に知っておいてもらいたいこと

この画像として認識するために、本と比べてiPadの方が読みやすく感じます。

本だと見開きになっているので、中心部分の窪みが気になってしまいます。

フォトリーディングの10倍本では、ソーセージが見えるようにと言っていますが、ハッキリ言って、いちいちやってられません。

そのため、窪みがなく平面なiPadが読みやすいのです。

見開いた薄い本に近い感覚

本を手に持った感覚は、非常に重要です。

iPadは見開きの薄めの本と近い感覚で持つことができます。

薄い本のように感じるので、分厚い本を読むときのような億劫さが少なくなるのです。

1度に見える文字の量がちょうどいい

僕は本を読むために、様々な端末を試してきました。23インチのPCモニターやKindleのPaperwhile、Voyageなどがそうです。

その中でも、9.7インチを選んだ理由は、1度に見える文字の量がちょうどいいからです。

23インチのPCモニターだと文字が多すぎますし、Kindle端末だと悪くないですがちょっとだけ文字が少なく感じます。

人によって好みはあると思いますが、僕は9.7インチのiPadがちょうどいいのです。

ふるさと納税で注文したiiyamaの23インチ液晶モニターが到着!早速、開封の儀を行いました

持ち運びが楽チン

iPadを選んでいるのは、薄くて軽いということにあります。

重さは444gで、厚さは6.1mmです。

しかも、1台のiPadには、何十何百と本をダウンロードすることも可能です。

ちょっとそこまで出かける時に1冊持って行くくらいなら重さは気になりませんが、何冊も持っていきたい旅行などの時に重宝しています。

一眼レフとiPad9.7インチが入るメッセンジャーバッグは散歩やサイクリングに使いやすい

本を読む以外にも使い道がある

iPadが他の端末と違うことは、本を読む以外に使い道があるということです。

ネットサーフィンをすることもできますし、Feedlyを購読することもできます。回線モデルなら電話やLINEだって可能です。

汎用性があることが、とても気に入っています。

iPadをWi-Fiモデルからcellular(セルラー)モデルに乗り換えたメリット

さいごに

僕は読みたい本が紙でもKindleでも販売されていた時は、迷わずKindleで購入します。

なぜなら9.7インチのiPadで本を読むことが快適だからです。

あなたもどうしようか迷っているなら、iPadで読書することを試してみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で
この記事が「いいね!」と思ったら押すボタン

広告

広告

「ぞのドットコム」の中を検索できます
「ぞの」とは誰か?

"ぞの(z0n0)"。平成生まれのサラリーマン×ブロガー。

600を超えるブログ記事では、あなたがやってみたいと思ったときの勇気に繋がるような、学びや挑戦の体験記を綴っています。

詳しいプロフィールはこちら

SNSでフォロー
Feedlyでフォロー
follow us in feedly