書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

歯ぎしり対策で試したマウスピースが自分には全く役に立たなかった件

歯ぎしり対策のためにマウスピースを試してみた”ぞの(@z02n05)”です。

いびきを記録するアプリ「いびきラボ」を使ってみたところ、歯ぎしりをしていることを自覚したのです。

そのため、手軽に試すことが出来るマウスピースを使ったのですが、自分には合わなかったので紹介しましょう。

iPhoneアプリ「いびきラボ」で睡眠時の音を記録して歯ぎしりを自覚しました

広告

口に違和感があって眠れない

歯ぎしり対策のマウスピースは、当然咥えて眠ります。

しかし、口の中にマウスピースがあっては、違和感があってなかなか眠ることができません。

人生初、口にものを入れて眠るという経験だったのですが、何日試しても慣れることができませんでした。

眠れても吐き出している

マウスピースを咥えて眠ることが出来たとしても、朝まで口に残っていたことは一度もありませんでした。

僕の口は、相当にマウスピースを嫌がっているのでしょう。

解決策は自分用のマウスピースを作ること

歯ぎしりをしてしまう問題は、自分にとって深刻な問題です。

快眠度を下げてしまう要因になりそうですし、他人にも迷惑をかけてしまいます。

この問題を解決するため、次に出来ることは、自分専用のマウスピースを作ることかと思います。

今回のマウスピースは、市販のお手頃価格だったので、口に合わなかったという仮説を立てました。

熱湯を使って口の形に変形させることが出来るものでしたが、フィット感はあまり感じませんでした。

さいごに

いびき対策として試した市販のマウスピースは、自分には役に立ちませんでした。

眠りにくいことと、吐き出してしまうことが問題です。

次は、自分オリジナルのマウスピースを試してみたいと考えている”ぞの(@z02n05)”でした。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

管理人 : ぞの
平成生まれのサラリーマン×ブロガー。 700を超えるブログ記事では、あなたがやってみたいと思ったときの勇気に繋がるような、学びや挑戦の体験記を綴っています。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で
Recommend
No articles