書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

ローマ字入力しか知らない人に親指シフトを実演すると言われることベスト5

キータッチが浅くなり、打音が少ない

親指シフトでのタイピングを始めて2年が経つ”ぞの(@z02n05)”です。

お気に入りのMacBookをいつでもどこでも持ち歩いているので、よく親指シフトの実演を頼まれます。

今日は、ローマ入力しかやったことがない人に、よく言われる感想のベスト5を紹介しましょう。

あなたも親指シフトをマスターしたら、同じようなことが言われるようになりますよ。

1位:指が動かない

誰もが口を揃えて言うことが、タイピングをしているのに指が動かないということです。

親指シフトは同時に動く指が最大2本だけなので、ローマ字入力しか知らない人には、動いていないように見えるようです。

後述しますが、このことが非常に大きなメリットとなるのです。

2位:音が静か

僕がタイピングをしている時の音は、非常に静かです。

赤ん坊が隣で眠っていても、決して起こしてしまうことはないでしょう。

MacBookやMacBookProを使っているので、キータッチが浅いことも理由にあると思いますが、親指シフトだとタイプする量がローマ字入力と比べて4割も少ないことが最大の理由です。

タイプする回数が少ないので、音が出る回数も減るのです。

3位:楽そう

タイピングをしていて、指が全然動かないので、楽そうだということも言われます。

先に述べたように、タイピングする量がローマ字入力より4割も少ない上に、日本語入力に最適化されたキー配列なので、非常に楽にタイピングすることができています。

親指シフトでの最大のメリットは、楽にタイピングできるようになることなのです。

4位:タイピングが速い

自分では決してタイピング速度は速いと思っていませんが、他人からは「速い!」と言われることが多いです。

理由は、指に無駄な動きが少ないので、早く感じるのかもしれません。

タイピング速度を計測してみると、ローマ字入力とほとんど同じ速さです。

親指シフトが出来るようになってもタイピング速度が上がるわけではない

5位:手元を見ていない

親指シフト習得の大前提は、ブランドタッチです。

ローマ字入力しかやったことがない人も、ブランドタッチだと思いますが、本当のブラインドタッチではないようです。

親指シフトを習得している人のブラインドタッチは、文字通り全く手元を見ないので、あっちを向いていても、目をつぶっていても、タイピングへの影響はほとんどありません。

さいごに

親指シフトと聞くと「なにそれ?」と言われるので、お気に入りのMacBookを使って実演会を行っています。

実演して見せた後は、みんなが一斉に質問攻めをしてきます。この記事を読んだあなたも、きっと聞きたいことがいっぱいあるでしょう。

そんな人のために、こちらの記事を用意していますので、一読ください。

親指シフトを習得したい人に聞かれる5つの質問にお答えましょう

あなたも親指シフトをマスターすると、このようなことを言われるようになります。

そして、タイピングが楽になります。

これはもう、親指シフトをやってみるしかないのでしょうか?

楽にタイピングするためにこんなアイテムを使っています

何インチでも使えるPCスタンド、楽で正確なタイピングのための必須アイテムです

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で
この記事が「いいね!」と思ったら押すボタン

広告

広告

「ぞのドットコム」の中を検索できます
「ぞの」とは誰か?

"ぞの(z0n0)"。平成生まれのサラリーマン×ブロガー。

600を超えるブログ記事では、あなたがやってみたいと思ったときの勇気に繋がるような、学びや挑戦の体験記を綴っています。

詳しいプロフィールはこちら

SNSでフォロー
Feedlyでフォロー
follow us in feedly