書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

キンコンダッシュ(大人版)を続けると、残業しないキャラが確立される

鐘

職場では残業嫌いとして有名な”ぞの(@z02n05)”です。

仕事よりも、プライベートの時間を大事にしたいと考えているからです。

そんな僕は、よほどの仕事がない限り、キンコンダッシュという技を続けてきました。

そして今では、残業しないキャラを確立することに成功しています。

今日は、あなたにも、キンコンダッシュという技がどのようなものかを紹介しましょう。

広告

キンコンダッシュとは

想像がつく人もいるかと思いますが、キンコンダッシュとは、就業の鐘が鳴った瞬間に職場を出るという技です。

小学生が休み時間開始のチャイムが鳴った瞬間に、教室を飛び出していくのと同じイメージです。

僕の場合は、鐘が鳴った瞬間に、パソコンの電源をオフにしています。

1.Windowsキー
2.→
3.Enter

この動作の速度の日本選手権があれば、県の代表くらいにはなることができるスピードだと思っています。

そしてシャットダウンが始まったら、リュックへ弁当箱を入れて、駈け出す準備を始めます。

パソコンが完全に終了したら、パタッと閉じて、「お先っすー!お疲れっすー!」と言って帰宅します。

これが僕がやっているキンコンダッシュという技です。

就業の鐘がなってから、この動作を3分で行い、職場を出ることを実践しています。

注意されたら帰りたいオーラを全開に

この技を行い始めたのは、4年ほど前のことでした。

当時から残業をすることが大嫌いだったので、キンコンダッシュを行っていました。(このころは約5分かかっていました。)

そんなある日、上司から「帰るの早すぎ」とツッコミを入れられてしまいました。

当然僕は、仕事の進行状況を把握してから、帰宅するようにしているので、「えっ仕事終わっているじゃん」と思います。

しかし、ここで本音を言ってしまってはいけません。

次の日から、帰りたいオーラを全開アピールするのです。

僕が行ったことは、こんなことです。

  • 就業時間の1時間前くらいに「皆さん、今日は残業してやっていく仕事はありますか?あるなら手伝いますよ」と言って、仕事がないことを確認する。
  • “リュックを背負った状態”で、上司に「今日、何か手伝うことはありますか?」と確認する。ここで「ある」と言われたら、おとなしくリュックを下ろしますが、経験上ほとんど引き止められたことはありません。

はっきり言って「舐めた若造だ」と、思われているでしょうが、とにかく残業をしたくないのでキンコンダッシュを続けました。

やり続けたら何も言われなくなる

はじめの1か月くらいは周りの目が気になって、キンコンダッシュするのに勇気がいりましたが、今では全く気にならなくなりました。

「あいつはそういうやつなんだ」というレッテルを貼られたようです。

残業しないキャラを確立することに成功したのです。

さいごに

僕は仕事が終わってからの時間を大切にしたいので、残業を限りなく0にしようと努力しています。

そのためにキンコンダッシュという技を、日々使って、残業しないキャラを確立していきました。

あなたも残業をしたくないのなら、キンコンダッシュを続けてみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で