英語が苦手で逃げ続けてきたけど、また勉強してみることに決めた理由 〜英語チャレンジ〜

▼みんなが注目している人気記事

この記事と関連する注目されている記事
海岸で会話する男たち

英語がとにかく苦手に感じている”ぞの(@z02n05)”です。

英語の本を読んだり、外国人とコミュニケーションが取れるようになりたいと思って、勉強したことはありますが、幾度となく挫折してきました。

しかし、やりたいことリストを見直すことで、英語ができるようになりたいという熱が沸騰してきたので、勉強を始めることにしました。

広告

英語が苦手という意識の始まり

英語の勉強を始めたのは、中学校での授業が最初だったと思います。小学校でも外国人の先生と交流する授業があった気がしますが、ほとんど記憶になりません。

僕が英語に対して苦手意識を感じたのは、英語の授業が始まった瞬間からです。

一番初めに教えてもらうアルファベットは、まだ大丈夫でした。「A、B、C、、、、」などを書き取るレベルです。

その次に教えてもらった文章にするところで、早速つまづきました。

「This is a pen.」「This is an apple.」

はやりのPPAPレベルの英語になった途端に、「?????」状態に陥ってしまいました。

多くの人が100点、悪くても90点を取っているテストで、自分が80点しか取れなかったことを覚えています。

この頃から、現在に至るまで、英語がとにかく苦手だと感じていました。

やりたいことリストを書き出して気がついた

しかし、なぜ苦手の英語を勉強したいと思うのかというと、やりたいことリストを書き出して気がついたからです。

やりたいことリストとは、自分がやりたいと思ったことを、なんでも書き出しているリストです。

僕のこのリストの中には、海外旅行へ行きたい。外国人の友人を作りたい。外国に活動拠点を作りたい。

このような、英語ができないと実現できなさそうなやりたいことが、いくつもありました。

しかも、やりたいことリストは3年ほど前から、更新&ブラッシュアップを続けていますが、海外への憧れは一度も消されることがありませんでした。

年末ということもあって、今一度、考え直してみても英語は必要だと納得できるので、また勉強を始めてみることにしました。

さいごに

自分のやりたいことリストを見直すことで、英語の勉強が必要だと感じたので、また勉強し始めることにしました。

しかし、依然として英語が苦手という意識は残っています。

そんな僕がどうやって英語を勉強していくのかについて、また紹介していきますので、お楽しみにしてみてください。

英語チャレンジに関する次の記事はこちらです。

英語の勉強を始める決意をして最初に行ったのは作戦を立てること 〜英語チャレンジ〜
勉強をする理由は、やりたいことリストを作った時に、やりたいことを実現するために英語が必要だと感じたからです。 今日は、英語の勉強を始めようと決意してから、どんな作戦を考えたのかを紹介しましょう。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

記事が気に入ったら
いいね!をクリック

Twitter で

▼この記事のシェアはこちらからできます

▼こちらからfeedlyに登録すると、更新情報の見逃しがなくなります。

follow us in feedly