書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

Points of Youを使ったセルフコーチングで自分と会話することを楽しんでいます

Points of Youを使ったセルフコーチング

Points of You(R)認定エバンジェリストの”ぞの(@z02n05)”です。

カードを使ったコーチングゲームであるPoints of Youは、みんなで行うことも楽しいですが、自分1人だけで行うことも非常に面白く感じています。

いわゆる、セルフコーチングというやつです。

今日はあなたに、Points of Youを使ってどのように自分と会話しているかを紹介しましょう。

Points of Youの使い方は自由

Points of Youとは、カードを使ったコーチングゲームです。

これらのカードには、使い方というものが一切ありません。

コーチングに使ってもいいですし、自己紹介の時に使っても問題ありません。会議などのブレストの時に使うことにだって、役に立つことでしょう。

Points of You®って何?カードを使った楽しいコーチングゲームです

セルフコーチングのやり方

前述したように、Points of Youの使い方は自由なので、セルフコーチングをする時にだって好きなように行うことができます。

カードを一枚めくって、それについて内省することだって、立派なセルフコーチングです。

僕のお気に入りのセルフコーチングの方法は、コーチングゲームというツールに入っているレイアウトチャートを使う方法です。

Points of Youを使ったセルフコーチング

このレイアウトチャートの上に、無造作に選んだカードを3枚置いて、「過去→現在→未来」の順番で内省していきます。

Points of Youを使ったセルフコーチング1

内省するときは、あらかじめ用意しておいてメモ帳に思いついたことを、思ったままに書いています。

僕はEvernoteにセルフコーチングの内容をタイピングしています。

もちろん親指シフトを使っているので、頭で考えたことがそのまま入力がされていくので、気持ち良く内省することができています。

親指シフトでタイプすると思考と文章がリンクしていることを感じる

思いもよらない気づきがあることが面白い

セルフコーチングを行って面白いと感じるのは、思いもよらない気づきがあることです。

自分の中に隠れていた感情が、ふと現れることが良く起こるのです。

Points of Youを使ったセルフコーチング3

例えば、このカードを見た時は、

Points of Youを使ったセルフコーチング2

辛かった野球の練習のことを思い出しました。

今となっては、いい思い出ですが、当時は本当に辛かったのです。このことは、カードを見て、過去のことを振り返ってみようとするまで、全く頭にはありませんでした。

さいごに

Points of Youを使ったセルフコーチングによって、自分の中に隠れている思いもよらない気づきを発見できることが楽しく感じています。

最近では、ほとんど毎日のように行うようになったほどです。

あなたもPoints of Youを体験してみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で