書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

睡眠用マウステープの効果は、絆創膏より快適で口呼吸が治る予感がしています。

マウステープ

口を開けて眠ってしまっている”ぞの(@z02n05)”です。

眠っている時の音を記録していたら、歯ぎしりをしていたので気がつきました。朝起きたら、口が乾燥している原因も、これだったようです。

僕はなんとかして睡眠時の口呼吸を治したいと思っていて、まず絆創膏を口に貼ってみましたが、あまり効果はありませんでした。

しかし、その後に試した、専用マウステープが効果的だったので紹介しましょう。

広告

睡眠時の口呼吸は病気の原因にも

眠っている時に口呼吸をしていると、健康に良くないという話を聞いたことがあるでしょう。

口を開けていると、そこから病原菌が入ってきます。起きている時も問題ではあるのですが、眠っている時は唾液の循環がなくなるので、病原菌が蔓延しやすくなるようです。

「むだ死にしない技術 堀江貴文さん」若いからって病気予防しないのは馬鹿げています

また、口を開けて眠っていると、いびきや歯ぎしり、寝言の原因にもつながります。

僕の場合は、睡眠時の音を記録することで、歯ぎしりをしていることを自覚しました。

iPhoneアプリ「いびきラボ」で睡眠時の音を記録して歯ぎしりを自覚しました

専用のマウステープがいい感じです

IMG 0337

口を開けて眠ることを治すためには、専用マウステープがオススメです。

特に、呼吸がしやすいように、テープの真ん中部分が空いていることに工夫しているなと感じます。

IMG 0338

テープが鼻にかかってしまう人は、横向きに使用することもできます。

質感もいい感じで、つけていても大きな違和感はありません。

絆創膏は違和感ありあり

専用マウステープを試す前は、手元にあった絆創膏を口につけて眠っていました。

この時は、とにかく違和感がありあり。

明らかに口の形にフィットしていないと感じていましたし、専用マウステープのように呼吸用の穴も開いていなかったので、寝苦しさを感じざるをえませんでした。

うまく眠ることができたとしても、夜中に目が覚めてしまうことが何度もありました。

口呼吸を治すため絆創膏を貼って寝たら、苦しくて、辛くて、寝付けない。

気になる効果は

気になる専用マウステープの効果は、「あり」と思っています。

今の季節は非常に乾燥しているので、効果がよくわかります。

何もつけないで眠った時と、専用マウステープをつけて眠った時とでは、朝起きた時の口の中の乾燥具合が全然違うのです。

あの起きた瞬間の、口の中が気持ち悪い感じがなくなったのです。

専用マウステープをつけ始めてから、歯ぎしりをしている様子もありません。

朝までテープが付いていることはない

専用マウステープの効果は、非常に感じているところではありますが、朝までテープが付いていたことは一度もありません。

まだ使い始めて10日ほどなので、完全に口呼吸が改善されたというわけではないようです。

しかし、絆創膏をつけていた時のように、寝苦しいとか夜中に目覚めてしまうなんてことはありません。

専用だけに、着け心地が快適なのです。

さいごに

まだ睡眠時の口呼吸が治ったわけではありませんが、改善されていることは間違いありません。

あなたも口呼吸をしていることを自覚しているなら、試してみる価値はあるのではないでしょうか?

家にある絆創膏を試してから、合わなければ専用マウステープを使ってみることがオススメです。

睡眠時の口呼吸の害についてはこちらの書籍で学びました。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

管理人 : ぞの
平成生まれのサラリーマン×ブロガー。 700を超えるブログ記事では、あなたがやってみたいと思ったときの勇気に繋がるような、学びや挑戦の体験記を綴っています。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で