2016年を漢字一文字で表すなら「礎」。自分のことがよくわかった一年でした。

▼みんなが注目している人気記事

この記事と関連する注目されている記事
名古屋城

2016年を漢字一文字で表すなら「礎」がぴったりだと感じる”ぞの(@z02n05)”です。

この漢字は、年始に目標として掲げてものでした。

2016年の漢字は「礎」!土台作りに精を出します
新しい年が始まるたびに、ワクワクした気持ちになっている"ぞの"です。 去年から、新しい年の始まりにどんな年にしたいかを漢字一文字で考えるようになりました。 みなさんは、今年1年を漢字で表すとどんな年にしたいですか?

そして年末である今、一年を振り返ってみて、やっぱりこの漢字がしっくりきています。

それでは僕の2016年が、どんな1年だったのかについて、紹介しましょう。

広告

自分のことを考え続けた

「2016年は、どんな年だった?」と聞かれたら、開口一番でこう答えるでしょう。

「自分のことを考え続けた年でした」

2016年が始まった頃に、自分のことを記録することを始めました。

いわゆるライフログというやつです。

始めたばかりの頃は、「Toggl」というサービスを使っていましたが、今では「TaskChute Cloud(タスクシュートクラウド)」を使っています。

TaskChute Cloudで予定を立てることは第2領域の行動へのハードルを下げるのに最適です
TaskChute Cloud(タスクシュートクラウド)を活用している"ぞの(@z02n05)"です。 今までは「Toggl」というライフログアプリを使っていましたが、TaskChute Cloudに乗り換えてから行動に変化が現れました。 それは、名著「7つの習慣」にある第2...

また、毎日、日記をつけ始めました。

起こった出来事やミスしたこと、やり始めた工夫など、200文字程度書き連ねていきました。

「4行日記 小林 惠智さん」1日5分で自分を可視化・夢を実現する力を得る
「4行日記」を読みました。 日記を始めてて間もないですが、自分のなかの潜在意識が変わっています。 なりたい自分が可視化され、夢を実現する力を「4行日記」から感じています。

これらの記録により、自分がどんな時に集中することができるのか、やる気が発揮される場面はいつか、など自分のことがわかるようになってきました。

ブログは自分の財産に

「礎」という言葉には、次のような意味があります。

  1. 家屋や橋などの柱の下に据える土台石。根石 (ねいし) 。柱石 (はしらいし) 。
  2. 物事の基礎となる大切なもの。また、その人。「建国の―となる」「今日の繁栄の―を築く」

僕にとって、このブログが「礎」となってくれています。

ブログを書き始めたのが2015年5月からで、現在までに550記事以上を公開しています。

ちなみに、今読んでいただいているこの記事は、2016年に公開した365番目。

ブログを作成して500記事も公開できたキーワードは「気軽にサーッと」
ブログを作成してから1年半で500記事を更新してきた"ぞの(@z02n05)”です。 なぜそんなにも更新することができたのかというと「気軽にサーッと」公開ボタンを押しているからです。 その結果、全く億劫に思うことなくブログ公開が続いているのです。

このブログに記事を書き続けていることで、僕の人生は大きく変化しています。

「ブログを見たおかげで、勇気が出た」という声や、ブログを通じて知り合った友人など、ブログがなければありえなかったことが次々と起こっています。

それよって、文章を書くことがとても楽しく感じていますし、読んでくれている読者の方々のことを、本気で財産だと思っています。

仲間がたくさん増えた

自分のことがよくわかったと言えるようになったのは、内省をしていたからだけではありません。

夢を語り合うことができる仲間と、知り合うことができたからです。

夢語るSkypeのやり方と仲間と1年続けて得られた熱いもの
2016年は振り返りを大事にしたいという、僕の個人的な思いから、仲間を誘ってSkypeで夢を語り合ってきました。 この「夢語るSkype」というプロジェクトをあなたにも知ってらもい、同じように行ってみてもらいたいので、熱く紹介します。

仲間の存在によって、自分では気がつくことができなかった自分の価値に気がつくことが幾度となくありました。

僕にとって仲間は、かけがえのない存在となっています。

さいごに

2016年は、1年を通じて自分のことを見つめ続けてきた年でした。

まさに「礎」という漢字がピッタリです。

あなたの2016年を漢字一文字で表すなら、どんな漢字になりますか?

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

記事が気に入ったら
いいね!をクリック

Twitter で

▼この記事のシェアはこちらからできます

▼こちらからfeedlyに登録すると、更新情報の見逃しがなくなります。

follow us in feedly