書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

2017年は来たる春へ向けて「整える」ところからスタートしました

red-lunch-green-knolling

皆様と同じように2017年がスタートしている”ぞの(@z02n05)”です。

新しい年の1日目は、いかがお過ごしでしょうか?

僕は身の回りのことを、整えるところから始めています。

2016年の最後にドジ踏んじゃった

例年なら一年のさいごは、比較的まったりと過ごしていることが多いのですが、今年は違いました。

ブログ人生で最も早いペースで記事を公開していたのです。

その理由は、12月29日時点で、年間365記事更新まで、あと11記事だったからです。

せっかくだから、「1日1記事ペースで書いてます」と言えるようになりたい。そう思った僕は、12月30日と31日は、ひたすらにブログを書きまくっていました。

こんな勢いでブログを書きまくったことは、いままでになかったものですから、途中から肩こりがひどくて・・・

▼こちらのアイテムが手放せなくなっていました。

そして、見事、年間365記事を書き終えた頃に、あるドジに気がついてしまったのです。

お気付きの方もいるでしょう。

2016年は、うるう年だったので、366日あるのです。

この事実に気がついたのは、22時ごろ。

年を越すまでに、時間はまだ余裕がありましたが、僕の肩は抜け落ちる寸前でした。

ここまでで、2016年のブログ更新をストップさせました。

2016年を漢字一文字で表すなら「礎」。自分のことがよくわかった一年でした。

春夏秋冬理論で、いま僕は冬3年目

春夏秋冬理論

ブログではまだ紹介していませんが、2016年の終わり頃に、春夏秋冬理論と出会いました。

ざっくり言うと、人の人生は12年周期で運気が変わるというものです。

占いなんかは信じない僕でしたが、尊敬する神田昌典さんが「完全にあたっているとは言わないけど、非常に参考になる考えである」というようなこと言ったを耳にしたので、試しに読んでみることに。

すると、見事に当たっているのです。

人生を振り返ってみると、春には春らしい出来事が起こっていましたし、夏には夏らしい出来事が起こっていました。それも1度や2度の話ではないので、春夏秋冬理論を信じてみることにしました。

▼春夏秋冬理論って何?という人は、こちらを見てみてください。無料で自分がどの季節なのかを判定することができます。

ちなみに僕は今、冬3年目です。

冬3年目というのは、自分と向き合う時期、そして約1ヶ月後にやってくる春への準備をする時期でもあります。

そのため僕は、2017年はスタートダッシュを行うのではなく、さまざまなことを整えることからスタートすることにしました。

身の回りを整える

前述した通り、2016年の末は、ブログを書きまくっていたので多くのことが手付かずでした。

そのため、年が変わってからではありますが、一つずつ整えていくことに。

クローゼットに入っていたいらない服を捨てたり、Evernoteのノートブックの見直しを行ったり、Feedlyに登録しているサイトを断捨離したりしました。

こんなことを始めてしまったら、出るわ出るわの勢いで、整えなければいけないことが山のようにあることに気がつきました。

ここでふと、2016年の最後に、ブログでドジを踏んでしまったことを思い出しして、気がつきました。

「これは身の回りを整えて、しっかりチェックしながら進みなさいというメッセージかも」と。

そんなわけで、僕の2017年は、整えることからスタートすることにしたのでした。

さいごに

あなたは2017年は、どのようなスタートを切りましたか?

一年の計は元旦にあり(意味:計画は早めに立てるべき)という言葉がありますが、僕はまず、身の回りにあるものを整えることから始めました。

今年も一年間、よろしくお願いします。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で