書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

フリクションなら本に落書きしたってへっちゃらさ。擦れば消せるのだから。

フリクションを使い始めた”ぞの(@z02n05)”です。

あの消せるボールペンってやつです。

世間を賑わしているのは知っていましたが、使う理由がよく分からなくて手を出していませんでした。

しかし、最近始めた英語の勉強をするときに、「教材に書いたり消したりできるから便利じゃん」と、存在を思い出して、試してみたらやっぱりよかったので紹介しましょう。

広告

本は買ったままの状態を保ちたい

本に文字を書くことに抵抗があります。

何となく買ったままの状態を保ちたい。出来ることなら折り目1つも付けたくいない。

学生のとき「大事なところだからマーカー引いて」と先生に言われてマーカーするのも嫌でした。

先生の言いたいことは分かりますが、なんか抵抗があったのです。

大人になってから、様々な読書法を学びました。

その中には、本に書き込みをしていくやり方もありました。そこで、試しにやってみたけど、やっぱり抵抗が。

本は買ったままの状態を保ちたいって思うのです。

消せるから書けるはず

実は最近、英語の勉強を始めました。まずは、英文法と単語を覚えるところからスタート。

そのために教材も買ってみました

勉強し始めて感じたのは、学校の先生に言われたことがある「大事なところだから書き込みしておきたい」ということでした。

教材に書いてあることの、自分なりの解釈をメモしておきたいと思うようになったのです。

だけど、ボールペンで書くと消せないし、シャーペンだと消しゴムも持ち歩かないといけない。となると、蛍光ペン…いや、違う。

そんなことを思っていたときに、消せるボールペン「フリクション」の存在を思い出しました。

きっとこれなら、消せるから書けるはずと期待を込めてポチっと購入。

本に書くことに抵抗がなくなった

フリクションなら本に落書きしたってへっちゃら1

早速、フリクションを使って英語の教材にメモメモ。

本当に消えるの?と半信半疑のまま書いてみました。

そして、フリクションのゴムっぽい部分を使って、消してみることに。。。

フリクションなら本に落書きしたってへっちゃら2

はい、本当に消えました。疑ってごめんなさい。

それにしても不思議ですね。一見、普通のボールペンなのに、擦るだけで消えるって。

文字を消す作業はちょっとだけめんどくさいけど、おかげで本に抵抗なく書けるようになりました。

たぶん消すことはほとんどないと思うけど、消すことができるってだけで、気軽に書けちゃいます。

フリクション、いいですね。

さいごに

フリクションの使い道がよくわからないと思っていましたが、こうやって使うのですね。

あなたも本に文字を書くのに抵抗があるなら、このペンがオススメです。

消すことができるってだけで、一気に本に書く抵抗がなくなりますよ。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で
Recommend
No articles