書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

MacBookのバタフライキーボードの不調はトップケースの故障が原因でした

MacBookのバタフライキーボードの不調はトップケースの故障が原因でした

12インチのMacBook2016モデルを使っている”ぞの(@z02n05)”です。

バタフライキーボードの調子が悪かったので、Appleに修理の依頼をしていました。そこで今回、予定の2週間より早い、3日で戻ってきてくれたので紹介します。

調子が悪い原因は、トップケースの故障とのことです。

広告

原因はトップケースの故障

MacBookのバタフライキーボードの「K」だけが、反応が悪い状態が続いたので修理に出してきました。

そこで言われたのは、戻ってくるのは約2週間が必要ということでした。

MacBookのバタフライキーボードの反応が悪い。原因はホコリ?修理には2週間必要とのこと。

しかし、実際は、その予定より早い3日で、僕の手元に戻ってきてくれました。

早く戻ってきてくれて嬉しいです。

Appleで修理を行うと、修理報告書というものが同封され、どんな作業を行ったのかを知ることができます。

それによると、今回の故障の原因は、トップケースの故障とのこと。そのために、トップケースの交換を行って、問題を解決してくれたようです。

つまり、MacBook2016モデルの場合は、キーボードと一体となっているので、ノートパソコンの半分が丸ごと交換になりました。

▼こちら側が新しいものになりました。

MacBookのバタフライキーボードの不調はトップケースの故障によるものでした

▼ディスプレイ側は今までと変わらず。

MacBookのバタフライキーボードの不調はトップケースの故障によるものでした1

SSDが新しくなったため、データを復元したり、設定を変更したりと、初期設定を行う必要がありました。

最初の予定ではデータの初期化はないだろうと聞いていたので、ちょっと面倒くさいですが仕方ありません。

おかげで、快適にキータッチができるようになりました。

面倒くさい作業はありましたが、早く戻ってきてくれたことに感謝です。

今回のトラブルは、こちらの記事に詳しく紹介しています

MacBookのバタフライキーボードの反応が悪い。原因はホコリ?修理には2週間必要とのこと。

トラブルを防ぐためには、定期的にホコリを取り除くことが効果的だそうです。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

ぞの
平成生まれのサラリーマン×ブロガー。
書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。
詳しいプロフィールは、"こちらから"ご覧いただけます。
〜記事を探す〜
〜記事を探す〜