書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

僕が使っているのはエコ名刺。8割の確率で名刺交換の時にツッコミが入るのです。

エコ名刺1

地球にやさしいエコ名刺を使っている”ぞの(@z02n05)”です。

この名刺は、すごいんです。名刺交換するときに、8割の確率でツッコミが入る名刺なんです。

それでは、今まで僕が言われてきたことと、その理由を紹介しましょう。

触った瞬間に何か違うとわかる2つの理由

エコ名刺1

名刺交換をした瞬間に、僕の名刺をもらった人は、何か違うと気がつきます。

エコ名刺は、普通の名刺とは、明らかに違う感触なのです。

理由の1つは、名刺が作られている素材にあります。僕のエコ名刺は、バナナペーパーでできているのです。

アフリカザンビアエンフエ村の雇用を生み出すバナナペーパー。用紙の厚さは0.21mm前後。
紙には茎の細かい繊維質が入っていて全体的に薄い黄色の用紙で、まるでバナナの皮を剥いた実のよう。でも香りはしません(笑)
和紙の様に柔らかく温かな仕上がりになっております。

僕の触った印象は、少しザラザラしていて黄色っぽいという感じです。中には、「バナナでできているの?」とバナナの身を想像してしまう人もいるような色合いです。

エコ素材は、バナナペーパー以外にも、多くの素材があります。再注文するときは、どれにしようか迷ってしまいますが、やっぱり僕はバナナが好みです。

エコ名刺2

さらに僕は、オプションで点字名刺にしています。なので、名刺交換した瞬間に、「あれっ?」と何か違うことに気がついてくれるのです。

「バナナでできている名刺なんだー!」
「わー点字が入ってるー!」

この2つのことを言ってもらえる確率が8割もある名刺なのです。

自分を覚えてもらう3つの工夫

バナナペーパーであることと点字が入っているということだけでも、相手に覚えてもらいやすいと思いますが、僕はもう3つ工夫しています。

1つ目は、デカデカとz0n0マークを入れているところです。これは、名刺を注文するときに、z0n0マークの画像データを送って、入れてもらいました。

2つ目は、匂いです。バナナペーパーを使っていますが、バナナの匂いはしません。しかし、オプションでならバナナの匂いを入れることができます。

3つ目は、名刺に関するエピソードを用意しています。エコ名刺を使っている理由や、点字を入れると社会貢献できることなど、名刺に関するエピソードをいくつも用意しています。

さいごに

エコ名刺、お勧めです。

8割の確率で名刺に関するツッコミが入るので、自分を覚えてもらうのに最適です。

また、地球に優しいので、使うだけで社会貢献することができます。

あなたもエコ名刺を使ってみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で