書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

心をつかむ文章テクニック!読んでもらうためのいろはが詰まった一冊です!

ライフハックブログKo’s Styleの管理人コウスケさんお勧めの「一瞬で心をつかむ77の文章テクニック」を読みました。

「タイトル・見出し」のテクニックは特に真似したいことばかり!
ブログを書くときは、常に横に置いておきたい一冊です。

タイトル・見出しのテクニック

主な役割はこの3つ。

  1. あふれる情報の中で、その文章がどこへ向かうのか示す「案内板」の役割
  2. お客様(読み手)を適切な方向へ導く「受付係」の役割
  3. 人々のへを引く「看板」の役割

タイトル・見出しだけで、実に36のテクニックが紹介されています。

どのテクニックも相手をググッと引き寄せるためになるほど!と思えるものばかり。

この記事のタイトルは、テクニック5の「ボリューム感」を入れるを参考にしました。
一冊で「いろはが詰まった」ってお得感があることないですか(笑)

★★★

その他にも、先日読んだ、「ネットで「効く」コピー」と同じようなリードや書き出しについてもテクニックを教えてもらいました。

2冊を読んで思ったことは、相手の感情を想像して書くことがすべてということです。
読んでくれるのは自分ではなく読者なので、自分本位の文章ではダメですよね・・・

これからは、感情に訴えかけるようなタイトルを意識していきます!!

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で