書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

「これからどうするか」僕たちが語り合うべきことは、ただそれだけ。

アドラー心理学

「これからどうするか」について語り合うことが大好きな”ぞの(@z02n05)”です。

毎日実験することをテーマに過ごしている僕にとって、この言葉は、生活に変化を加えることができる最高の言葉です。

是非あなたにも、この言葉を意識して使ってもらいたいので、紹介しましょう。

広告

言葉を知って観察を始めました

「これからどうするか」

この言葉は、最近もっともお気に入りの言葉です。

知ったきっかけは、アドラー心理学について書かれた「幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII」で見つけたからでした。

「変われない」ほんとうの理由という章で紹介されています。

目についた瞬間から、どうしてもこの言葉を忘れることができなくて、自分が口にする言葉や人が口にしている言葉を観察していました。

苦手な人が口にする2つの言葉

僕には、苦手なタイプの人がいます。本当は、誰も苦手な人がいないと言いたいのですが、どうしても合わない人がいます。

話していても楽しくないし、できることなら近寄りたくないとさえ思ってしまいます。

そんな人の言葉に注目してみると、苦手な理由がわかりました。

「わるいあの人」
「かわいそうなわたし」

会話が終始、この二つの言葉に吸い寄せられているのです。

アドラー三角柱4

例えば、「わるいあの人」についてだったらこんな具合です。

  • だからあの人は、うまくいかないんだ。
  • だってあの人が、やれって言ったんだもん。
  • あの人がいなければいいのに。

アドラー三角柱3

続いて、「かわいそうなわたし」についてはこんな具合です。

  • わたしは、〜だからできないの。
  • わたしが至らないばかりに。

どうでしょう?身近にこんな話ばかりしている人はいませんか?あなたはその人のこと好きですか?

僕は本当に苦手です。

「だから何?」と一喝してやりたい気持ちになってしまいます。が、自分はそうならないようにしようと思うだけにとどめています。

楽しい会話は、こればっかり

アドラー三角柱1

僕は普段から、「これからどうするか」についてばかり話したり、考えたりしていることに気がつきました。

そして、僕が好きな人たちも、「これからどうするか」についての会話しかしていません。

例えば、こんな具合です。

  • 明日は何をやろう。
  • 失敗しちゃったけど、次はどうやろう。

過去のことではなく、今から先の未来のことにフォーカスを当てているのです。

時には、「わるいあの人」「かわいそうなわたし」になることもありますが、最終的には「これからどうするか」へと戻ってきます。

いろんな人の会話を観察していて、自分が好きだと感じている人は決まって「これからどうするか」という言葉に吸い寄せられた話をしているのです。

これからどうするか

この法則に気がついて、「これからどうするか」ですが、

自分は「これからどうするか」についての話しかしないようにします。
「わるいあの人」「かわいそうなわたし」の話ばかりする人には、近づかないようにします。

そうすることで、僕の日常は、もっと楽しくなること間違いありません。

さらに、「わるいあの人」「かわいそうなわたし」の罠にハマっている人を助けられるようにもなりたいです。

ようやく見つけた必殺の一言を紹介しましょう。

「わるいあの人」「かわいそうなわたし」の話をしている人がいたら、「じゃあ、これからどうするの?」とツッコミを入れることです。

ほんの少しだけですが、苦手な人の会話が好きな方向へと変わりました。

さいごに

「これからどうするか」は、大好きな言葉に認定されました。

自分がこの言葉をより意識できるようになるために、「幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII」で登場する三角柱を自作してしまったほどです。

あなたも「これからどうするか」という言葉に注目して会話してみると、面白い発見があるかもしれませんよ。

▼本書は、オーディオブック版もオススメです。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で