書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

「情熱」っていう感情は、無意識に湧き上がっているものらしい

キックボードをする男性

情熱的な人生を歩みたいと思っている”ぞの(@z02n05)”です。

というのも、自分はいつも冷静な人間だと思っていたからです。

しかし、どうやらそれは間違いでした。

僕の中の情熱は、意識せずとも湧き上がっていたらしいのです。

広告

情熱的でありたいって思ってた

僕はいつも、情熱的な人生を歩みたいと思っていました。

情熱的であれば、他人を魅了することができる。情熱的であれば、チャンスが巡ってくる。情熱的であれば、仲間が集まってくる。

そんな思いを抱えて、いつか自分も情熱的な人間になりたいと思っていました。

それはつまり、今は情熱的な人間ではないと思っていたということです。

他人から見たら明らかに情熱的な人生を歩んでいた

情熱的な人生を歩みたいと思っていたので、「どんな人生を歩みたいか?」と質問されたら、「情熱的な人生を!」と答えていました。

しかしある時、いつものように「情熱的な人生を!」と話していて、ふと言われて気がつきました。

「十分、情熱を感じてるよ」と。実は、このように「情熱的な人だよね」と言われたことは、1度や2度のことではありません。

どうやら、他人から見たら情熱的な人間だと思われていたようなのです。

情熱は無意識に湧き上がっているものらしい

草原でダンスする女性

他人から見たら情熱的だと思われていても、自分で自分のことを情熱的だとは一切思ったことがありませんでした。

だけれども、これだけ情熱的な人間だというタグ付けをされているのだったら、おそらく僕は情熱的な人間なのでしょう。

このことに、僕は今まで気がつきませんでした。冷静沈着な人間だと思っていたのです。

ここで一つ、情熱に関して分かったことがあります。

「情熱って感情は、無意識に湧き上がっているものらしい」ということです。

今まで自分が情熱的だと思ったことがないですし、情熱が湧いた瞬間を感じたこともありません。ということは、情熱って感情は、意識して出すことができるものではないってことでしょう。

本当に大好きなことをやっている時に、情熱って感情は湧き上がってくるものらしいです。

僕の場合は、このブログに情熱を感じるとよく言われます。しかし、ブログを書いている僕は、情熱を込めて書いているわけではありません。

ただただ、大好きだから書いているだけです。情熱を込めるなんてことは、一度も意識したことありません。無意識に情熱がこもっているらしいのです。

さいごに

情熱的な人生を歩みたいと思って生きていましたが、すでにこの夢は叶っていたようです。

他人から見たら情熱的な人生を歩んでいるようなのです。自分では全く無自覚でした。

このことから、情熱について分かったことがあります。

「情熱って感情は、無意識に湧き上がっているものらしい」ということです。

いかがでしょう。あなたは自分の中の情熱を感じたことはありますか?

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

管理人 : ぞの
平成生まれのサラリーマン×ブロガー。 700を超えるブログ記事では、あなたがやってみたいと思ったときの勇気に繋がるような、学びや挑戦の体験記を綴っています。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で
Recommend
No articles