書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

自分に自信がない人はライフログを付けるべし。記録が自信の裏付けとなる。

パソコンに記録する

TaskChute Cloud(タスクシュートクラウド)を使って、ライフログを付けている”ぞの(@z02n05)”です。

今日は、自分に自信がないと思っているあなたに、とっておきの自信を持つ方法を紹介しましょう。

それは、ライフログを付けるってことです。

いつまで経っても成長していない?

自分に自信がないという人は、自分がいつまでたっても成長していないと思っていることが多いのではないでしょうか?

いつもミスしてしまうとか、あの人よりも劣っているだとか、無駄な時間を過ごしている気がするとか、そんな理由から自信が湧いてこないのかと思います。

しかし、僕はあなたに、こう問いてみたいのです。

「実はそんなことないんじゃないの?」

記録していると、意外といろいろやっていることが分かる

なぜ僕が「実はそんなことないんじゃないの?」と聞いてみたかったのかというと、あなたは意外といろんなことをやっている人だと思っているからです。

本を読んだり、人に会ったり、旅行をしてみたり、金融投資をしてみたり、まだまだ数多くのことをやっていると思いますが、これらは一般的には成長のための努力だと言われていることでしょう。

しかし、あなたは努力をしているにも関わらず、いつまで経っても成長していないと感じている。

そんな時のお薦めしたいのが、ライフログを付けるということです。

ライフログが自信の裏付けとなる

あなたは一般的には成長のための努力をしているのに、いつまで経っても成長していないと感じてしまう理由は、自信の裏付けとなるものがないからではないでしょうか?

もし「自分は〜を〇〇時間やってきた実績がある」ということができたら、きっと自信へと変わることでしょう。

そんな時に役立つのが、ライフログなのです。

ライフログには、様々なやり方があります。僕がやっていることは、TaskChute Cloud(タスクシュートクラウド)を使って行動を記録することと、毎日の日記を付けることです。

これにより、自分がどんな行動に何時間使っていたかが明確に分かるようになります。そして、ライフログの小さな積み重ねが、根拠ある自信に変わっています。

疑いたくなる気持ちがあることは承知しています。だけど、やってみたら分かります。ライフログが自信の裏付けになるのです。

さいごに

自分に自信がない人は、ライフログを付けてみてください。

やってみないと効果は感じることができないので、とりあえずやってみてください。

そうすると、ライフログがあなたの自身の裏付けとなってくれるはずです。

オススメのやり方は、TaskChute Cloud(タスクシュートクラウド)か、4行日記です。

自分にできることから始めてみてはいかがでしょうか?

TAG index

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で