書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

一日10分だけを毎日やる習慣で苦手なことのハードルをグッと下げられる

ボールを持って走る犬

苦手なことを習慣化するのが得意な”ぞの(@z02n05)”です。

もともと大嫌いだった英語の勉強も、1ヶ月以上続けられることができています。

そのコツはズバリ、「一日10分だけを毎日やること」です。

それによって、苦手なことに対するハードルがグッと下げられて、習慣化することができるようになります。

それでは、さっそく紹介しましょう。

広告

苦手なことが続かない理由

僕は今年に入ってから、英語の勉強をスタートしています。英語の勉強というのは、僕にとってかなり苦手なことです。学生時代からずっと逃げてきました。

正確には、何度も英語ができるようになりたいと思って勉強していましたが、勉強を続ける習慣を身につけることができませんでした。

英語が苦手で逃げ続けてきたけど、また勉強してみることに決めた理由 〜英語チャレンジ〜

その理由は「よし、やるぞ!」と、勢いだけで始めているからに他なりません。勢いだけで始めているので、すぐにガス欠を起こしてしまいます。

これが3日坊主の正体です。

ガス欠を防ぐために1日10分だけ

ガス欠が発生する理由は、スタートダッシュを決めようとして、一気にガスを使ってしまうからです。ということは、少しずつガスを使えば、長く続けられることになります。

例えば、僕の英語の勉強の場合は、1日10分なら英語の勉強を楽に行うことができました。ガスの使用量は、ほんのわずかです。これを毎日続けています。

もともと自分が持っているガスの量は、すぐには増加しません。そのため、ほんの少しずつ毎日使うっていうことを続けるのです。そして、習慣化されることを狙うのです。

だから「今日は頑張って3時間勉強しよう!」なんてことは行ってはいけません。一気にガス欠を起こしてしまうからです。

習慣化したらこっちのもの

一日10分だけを毎日やるってことをやっていると、それは習慣になります。毎日やることが当たり前になってくるのです。むしろ、毎日やらないことが気持ち悪いかもしれません。

このように、習慣化したらこっちのものです。

一日10分だけの英語の勉強では、ほとんどガスを消費しなくなってきます。さらに、ガスの補充もされるようになってくるでしょう。

そうなってきたら、一日10分だけだったのを15分に延ばしてみたり、10分を朝と晩の2回にしてみたりして、少しずつ負荷を上げていくのです。

そうすることで、英語に対する苦手意識も薄らいでいくのです。

ちなみに1ヶ月続けている僕の英語の勉強は、今では30分ほど集中できるようにまでなっています。もちろん、英語が苦手だという意識も少なくなってきています。

さいごに

今回は英語の例で紹介しましたが、どんなことにだって応用は可能です。

読書だってブログだって、まず最初は、1日10分だけを毎日続けてみてください。10分が難しければ、5分だって大丈夫です。毎日じゃなくて2日に1度だって大丈夫です。

大事なのは、一気にやろうとするのではなく、少しずつ習慣化していくことです。

あなたもガス欠を起こさないことを気をつけて、苦手なことに対するハードルを下げてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

管理人 : ぞの
平成生まれのサラリーマン×ブロガー。 700を超えるブログ記事では、あなたがやってみたいと思ったときの勇気に繋がるような、学びや挑戦の体験記を綴っています。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で