一眼レフカメラ初心者の僕が、レンズ沼にハマって最後に選んだ2本

一眼レフカメラ初心者の僕の交換レンズ

一眼レフカメラを使って写真を撮るのが大好きな”ぞの(@z02n05)”です。

スマホで撮影するのとでは、一味違った写真が撮れるのが魅力的ですよね。

そして気が付いたら、いわゆるレンズ沼にハマっていた訳です。なんと、大した腕もないのに、5本のレンズを購入していました。

自分でも驚きです。よくそんな資金があったなと。

ただ、正直、そんなにレンズは要りません。ぶっちゃけ、使いこなせません。

だから、2本に厳選しました。

残りの3本は、全部売りました。後悔はありません。レンズ沼は楽しかったので、良しとしています。

それでは、選んだ2本について紹介しますね。

レンズ沼にハマって購入した5本

一眼レフカメラが大好きなので、家でも旅行でも、お気に入りを見つけたら、パシャパシャと撮影を楽しんでいます。

しかし僕は、本格的にカメラにのめり込む経済力がないので、趣味で撮影している初心者です。

使っているカメラは、入門にはもってこいのCanon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X50です。

操作もしやすいですし、一眼レフカメラにしてはサイズが小さいので、僕のように趣味で撮影を楽しむ人には、ちょうどいいカメラだと思っています。

一眼レフを使っている人にとっての楽しみは、何と言っても交換レンズでしょう。

僕はというと、今まで5本のレンズを試してみました。どこにそんな経済力があったのか、自分でも不思議ですが、いろいろと購入していました。

▼試したレンズたちはこちら

しかし、購入したは良いのですが、ぶっちゃけこんなにも使いません。撮影するのは好きなのですが、それぞれの個性を活かすほどの腕前はありません。

いわゆる、宝の持ち腐れです。

なので、厳選して2本に絞りました。

他の3本は、カメラ屋さんへ売却です。ほんの気持ちだけですが、お金になりました。購入した時を思うと、、、

気を取り直して、選んだ2本について紹介します。

家とちょっと出掛ける程度なら「Canon 単焦点広角レンズ EF-S24mm F2.8 STM」

Canon 単焦点広角レンズ EF-S24mm F2.8 STM

家やちょっと出掛ける時用に持っているのは、「Canon 単焦点広角レンズ EF-S24mm F2.8 STM」です。

非常にコンパクトで軽いのが特徴。一眼レフカメラを持っていても疲れません。

▼主にガジェットを撮影する時に、大活躍しています。

Canon 単焦点広角レンズ EF-S24mm F2.8 STM

▼ちょっと出掛ける程度の時は、この交換レンズだけを装着して出掛けることもあります。

Canon 単焦点広角レンズ EF-S24mm F2.8 STM

カメラやレンズの性能のことはよくわからないのですが、自分が撮影したとは思えないような、綺麗な写真になるのでお気に入りです。

旅行へ行くなら「SIGMA 標準ズームレンズ Contemporary 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM」

SIGMA 標準ズームレンズ Contemporary 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

「SIGMA 標準ズームレンズ Contemporary 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM」は、旅行に行く時に持っていきます。

先ほど紹介した「Canon 単焦点広角レンズ EF-S24mm F2.8 STM」は単焦点レンズなので、自分の足を使ってお気に入りの写真が撮れる位置まで動かなければいけません。

旅行中は、さすがに毎回そんなことはできないので、標準ズームレンズを使っています。

▼遠くに見えるものから、近くのものまで、綺麗な写真になるのでお気に入りです。

SIGMA 標準ズームレンズ Contemporary 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

SIGMA 標準ズームレンズ Contemporary 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

ズームは70mmまでですが、僕にとってはこれくらいあれば十分だと感じています。以前200mmまでズームできるレンズを使っていましたが、70mm以上ズームすることは、ほとんどなかったからです。

さいごに一言

今までに5本の交換レンズを試してきましたが、現在では紹介した2本のレンズで落ち着きました。

家で使うときはCanonのレンズ、外出するときはSIGMAのレンズという感じです。

レンズ沼にハマりそうな人は、この2本を検討してみてください。

記事のタイトルとURLをコピーする!




▼あわせて読みたい

ぞのセレクト

生活を支える厳選23アイテムをご紹介しています。
Apple製品を始めとしたガジェットから、ちょっと便利な文房具まで。