書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

明日から新しい職場へ。初日に気をつけるべきは第1印象です。

ネクタイを締める男性

サラリーマンをしている”ぞの(@z02n05)”です。

僕の職場は人事異動によって、数年ごとに新しい部署へ配属が変わります。

その数年ごとの人事異動で、僕は今年の4月に異動することが決まりました。

明日が初の出勤日なのですが、絶対に第1印象だけは外さないようにと意気込んでいます。

あなたも新しい職場での初日は、第1印象を気をつけることをお勧めします。

広告

初日に気をつけるべきは第1印象

4月から新しい職場へ勤め始めたり、僕のように人事異動によって配属先が変わる人も多いことでしょう。

不安や恐れを感じている人もいれば、期待に胸を膨らませている人もいることでしょう。

ちなみに僕は、新しいことを行うのが好きなので、期待でワクワクした気持ちを感じています。

そんな気持ちでいますが、初日に新しい職場へ出勤するにあたって、一つだけ気をつけようと決めていることがあります。

第1印象です。第1印象は、自分が思っている以上に強力な力を持っています。

綺麗な海と空

以前の職場へ勤め始めた当初のことを、あれから5年経った今でも「あのときは〜だった」「こういうやつだと思っていた」と言われことがよくあります。

また、新しく職場へ来た人を迎える立場だとしても、第1印象によって「話しやすそうなやつだな」「いい1年になりそうだな」などと気持ちが大きく印象付けられます。

しかも、それらの第1印象は、想像以上に正しいことが多いのです。そして、第1印象を変えるためには、長い時間や強烈なインパクトが必要です。

「第1感 マルコム・グラッドウェル氏」最初の2秒の判断は想像以上に正しい

このような理由から、新しい職場へ行った時には第1印象を気をつけます。

気をつけると行っても、やることは当たり前のことを当たり前にやろうと思っているだけです。

  • 会った人に挨拶をする。
  • 自己紹介をする。
  • はっきりと返事をする。

ハキハキと声を出して、「元気そうなやつだな」と思ってもらえることを狙っています。

あなたも自分がこう見られたいという理想に近づけるように、第1印象を気をつけてみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

管理人 : ぞの
平成生まれのサラリーマン×ブロガー。 700を超えるブログ記事では、あなたがやってみたいと思ったときの勇気に繋がるような、学びや挑戦の体験記を綴っています。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で