Points of Youのワークショップへ参加すると疲労困憊になるかも

Points of You®

Points of Youの体験会に参加してきた”ぞの(@z02n05)”です。

体験会へは何度も参加していますし、自分でもセルフコーチングをしているのですが、毎回疲れます。

帰宅してから、どっと疲労感に襲われるのです。

まるで、遊び疲れた子どものよう。

Points of Youを体験すると疲れる

Points of You®1

Points of Youを体験したことがある人は、感じたことがあるかもしれませんが、とにかく疲れます。

体が疲れるというより、脳が疲れてるのです。

難しい数学の問題を解いている時のような、難解な資格試験を受験しているような。

Points of Youを行うと、これと似た感じで頭が回転します。

ワークショップの流れ

Points of You®3

Points of Youを行う時は、まずポージングから始まります。

ポージングとは、瞑想やマインドフルネスと似たもの。

脳をリラックスさせることで、カードを見たときに発想が広がりやすくするのです。

ポージングが終わったら、カードを見て、いろんなことを考えます。

自分で考えられなくても、ワークショップの場合は、主催者から質問を投げかけてくれることが多いので安心してください。

  • どこが気になるのか?
  • この情景の5分前はどんな状態だったか?
  • この写真の周りには何があるか?
  • 明日になったらこの場所はどうなっているか?
  • この言葉と似た言葉は何か?

質問への回答がある程度揃ったら、自分自身を見つめていったり、相手との会話を楽しみます。

  • 僕はカードを見てこんなことを思いました。
  • あなたはどうですか?
  • なぜそう思ったのですか?
  • なるほど、そうなんですね!

という具合に。

疲れる原因は

僕たちは普段、このような脳の使い方をしていません。目の前にあるものの、あるがままの姿を見ていることが多いのです。

しかし、Points of Youの場合は、想像力を使います。それを相手に伝えるための言葉にします。

そうすると、普段使っていない能力を使っていることになります。

そのため、かなりの疲労困憊状態になるのです。

もちろん、体験している時はすごく楽しいです。自分の中から思いもよらない発想が生まれて驚くことばかりです。

だけど、家に着いたらどっと疲れが押し寄せてきます。

これもまた、Points of Youならではの体験の一つかと思います。

もしPoints of Youを体験して疲れたら、自分の脳に「お疲れさま」といってあげてくださいね。

記事のタイトルとURLをコピーする!




▼あわせて読みたい

ぞのセレクト

生活を支える厳選23アイテムをご紹介しています。
Apple製品を始めとしたガジェットから、ちょっと便利な文房具まで。