書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

「日本株は、バブルではない 藤野英人さん」投資家必読!「新・三本の矢」は必ず知るべき

日本株は、バブルではない

ひふみ投信・藤野さんの「日本株は、バブルではない」を読んだ”ぞの”です。

かなり高い期待をして購入しましたが、その期待を大きく上回る内容でした。

投資家は必読ですが、すべての人に読んでもらいたいと思っています。

広告

新・三本の矢

藤野さんが言っている「新・三本の矢」とはこのことです。

  • 伊藤レポート
  • スチュワードシップ・コード
  • コーポレートガバナンス・コード

藤野さんは、伊藤レポートが発表されてからというもの、至る所ですばらしさについて語っていました。

僕は、藤野さんから聞いて、早い段階から伊藤レポートを読んでいましたが、これがまた難しい。
しかも、量が多い。伊藤レポートは公開されていますが、なんと102ページもあります。

要旨版もありますが、取っつきにくい言葉がたくさんあって理解するのが大変です。

本書では、近年の日本経済のこと、伊藤レポートことなどを中心に、藤野さんらしくわかりやすく解説してくれています。

2匹のタヌキ

日本には2匹のタヌキがいます。
1匹目は、880兆円という現預金をため込んでいる「国民」というタヌキ。
2匹目は、300兆円という内部留保をため込んでいる「企業」というタヌキ。

この眠ったお金のおかげで、血液循環が悪くなり、日本が貧血気味になっているとのこと。

黒田バズーカ

アベノミクスで最初に打ち出された、日銀総裁の黒田さんによる金融緩和です。
これにより、株高・円安がドンドン進んで現在に至っています。

しかし、この裏では密かに進行している「仕掛け」があります。

それが、「新・三本の矢」のことです。
このターゲットになったのは、「企業」というタヌキ。

おかげで、ようやく日本経済の血流が流れ始めました。

伊藤レポート

伊藤レポートで強く言っていることはROEをあげることです。

株式投資の長期的なパフォーマンスはROEの水準によって決まる

このように藤野さんも言っています。

ROEとは、投資家にはおなじみの指標で、次の式で表されます。

ROE=純利益÷自己資本

ROEが高いほど、効率的に自己資本を利用して利益を上げていることです。

では、どうしたら高いROEを持続することができるのでしょうか。
伊藤レポートでは、過去20年の継続的に株価が上昇している企業を分析して、その特徴を4つにまとめてくれています。

  1. 顧客への価値提供力
  2. 適切なポジショニングと事業ポートフォリオのための選択と集中
  3. 継続的イノベーション
  4. 環境変化やリスクへの対応

僕が、面白く感じた経営者の特徴は、オーナー経営者の方が長期パフォーマンスがいいということでした。

就任期間が長いこと、報酬体系が業績などに連動していることが挙げられています。

長期的な戦略を立てやすく実践できること、報酬インセンティブが働くためモチベーションがあがること、なにより、感謝への愛着があることが、いいパフォーマンスに繋がっているんですね!

これと逆のことをやっていたのが、日本の政治・・・
安部さんになってから長期政権になりましたが、それまではだれもが知っての通りですね。

伊藤レポートの考え方を政治にも取り入れられないのかと思いました。

さいごに

この記事では、書き切れないことが山のようにあります。
特に、投資家にとって「第5章 今こそ、日本株を買いなさい」は、目から鱗のことがいっぱい書いてあります。

難しく感じていたスチュワードシップ・コードコーポレートガバナンス・コードについてもわかりやすく解説があります。

本書は、投資家だけでなく、就活・転職を考えている人、経済が苦手と感じている人など、とにかく多くの人に手にとってもらいたいと思える一冊です。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

ぞの
平成生まれのサラリーマン×ブロガー。
書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。
詳しいプロフィールは、“こちらから”ご覧いただけます。
〜記事を探す〜
〜記事を探す〜