書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

iPhoneの画面が拡大表示されるのはバグではなく「ズーム機能」の仕業でした

iPhoneの画面が拡大表示されるのはバグではなく「ズーム機能」の仕業でした3

iPhoneの画面が拡大表示されたことをバグだと思っていた”ぞの(@z02n05)”です。

しかし、記事を公開してから、友人に教えてもらいました。

「ズーム機能では?」と。

まさにその通りでした。

3本指でタップしたら、拡大表示が再現できたのです。

広告

「ズーム機能」の存在を初めて知りました。

「iPhoneの画面が拡大されて動かない!」「これはバグだ!」と即効で記事に書いたのは、2日前の話です。

しかし、どうやらこれは、バグではないようです。

「ズーム機能」が作動しただけでした。

IPhoneの画面が拡大表示されるのはバグではなく ズーム機能 の仕業でした1

▲「ズーム機能」は3本の指を使います。

IPhoneの画面が拡大表示されるのはバグではなく ズーム機能 の仕業でした2

▲トントンッと、画面を2回タップすると

IPhoneの画面が拡大表示されるのはバグではなく ズーム機能 の仕業でした3

▲バグだと思っていた拡大表示をすることができました。

元に戻すためには、もう一度、3本の指でダブルタップ。画面を移動したいときは、3本指でドラッグです。

IPhoneの画面が拡大表示されるのはバグではなく ズーム機能 の仕業でした

▲オフにしたいときは、「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「ズーム機能」から、変更することができます。

お騒がせして申し訳ありません。

あなたも画面が拡大表示されて焦ってしまったら、「ズーム機能」かもしれませんよ。

画面を3本指でダブルタップしてみてください。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

管理人 : ぞの
平成生まれのサラリーマン×ブロガー。 800を超えるブログ記事では、あなたがやってみたいと思ったときの勇気に繋がるような、学びや挑戦の体験記を綴っています。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で