書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

ノリがいいオーディオブック3選!漫才みたいで、笑いながら聞けるから大好きです。

ノリノリなライブ

オーディオブックが大好きな”ぞの(@z02n05)”です。

移動中などでも本が読めるということが気に入っていますが、漫才みたいなやりとりが面白いというのも好きな理由です。

今日は、僕が気に入っているノリがいいオーディオブックを3つ紹介しましょう。

広告

漫才といえばガネーシャでしょ

もう何回聞いたのか分からないくらいに繰り返し聞いているのが「夢をかなえるゾウ」です。

3部作となる程に、よく売れた本なので、読んだことがある人も多いのではないでしょうか。

確かに紙で読んでもすっごいいい本なのですが、この本はオーディオブックで本領を発揮すると思っています。

文字で読んでも伝わってくる、あのツッコミやボケが、直接頭に聞こえてくるので、嫌でもガネーシャの教えを覚えてしまいます。

マックスじいさんほど面白いじいさんはいない

「仕事は楽しいかね」も、「夢をかなえるゾウ」と同じくらい繰り返し繰り返し聞いているオーディオブックです。

登場するマックスじいさんの語りを聞いてくると、本当にワクワクしてきます。

「試してみることに失敗はない」

あなたにも是非、この言葉を聞いてもらいたいと思っています。これを聞くと、なんでもやれる気になってくるのです。

書影

[オーディオブック版]
仕事は楽しいかね?

著者:デイル・ドーテン/著、野津智子/訳
再生時間:3時間58分

オーディオブック配信サービス「FeBe」

神さまって「バカ」とか言うんだ

「神さまとのおしゃべり」は、神さまと著者さとうみつろうさんとの会話でストーリーが進んでいきます。

こんなことを言うのは憚られるのですが、本書に登場するさとうみつろうさんが、実際に目の前にいたらイラっとしてしまいそうな人物です。

そんな、さとうみつろうさんに対して、神さまは「お前はバカか」と言うツッコミを何度となく入れています。

容赦無く罵声を浴びせています。神さまがこんなこと言ってもいいんだという驚きと、言いたいこととを代弁してくれている気がして痛快なのです。

口が悪い神さまの声を聞いてみたいなら、FeBeからオーディオブックを購入することができますよ。

さいごに

ノリがいいオーディオブックは、何度も繰り返し聞いてしまいます。

特に紹介した3冊は、本で読むよりオーディオブックで聞く方が面白くて内容の理解が深まる作品だと思っています。

あなたはどの作品が聞いてみたくなりましたか?

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で