書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

「できたことノート」に行動を記録して自信を取り戻す、蓄積する。

手帳を手に持つ女性

「できたことノート」を付けている”ぞの(@z02n05)”です。

〜ができて良かった、嬉しかった。と、記録していくノートです。

未来日記と組み合わせて使っているので、手間なく続けられています。

そして、この記録が自信への繋がっていると感じるので、あなたにも紹介しましょう。

広告

「できたことノート」とは

「できたことノート」とは、文字通りできたことを記録していくノートです。

  • ブログ記事を書くことができた。
  • 22時に寝ることができた。
  • 部屋の掃除をすることができた。

このような、できたことを記録するのです。できたことに大きさは関係ありません。

「できた」と思うことだけを記録しましょう。ただし、なにもできなかっただけはなしです。

  • ご飯を食べることができた。
  • ベッドから起き上がることができた。
  • パジャマから着替えることができた。

このような、小さいと言われそうなできたことでも記録しましょう。

あなたには、絶対になにもできなかったなんてことはないので、安心してくださいね。

できたことをなんでもいいので、書くこと、記録に残すことが大事なのです。

「できたことノート」の楽な続け方

僕は「未来日記」を書き続けています。

ちょっとだけ先の未来のことを、あたかも実現したかのように書く日記です。

「22時に寝ることができて、体力が回復した」とか、「食卓に大好物のお寿司が出てきた」とか、起こったらニヤッとするくらいのことを、手帳の未来の日にちに書くのです。

▼未来日記については、こちらの記事に詳しく書いてあるのでチェックしみてください。

「できたことノート」の楽な続け方というのは、この未来日記を書くタイミングで一緒に書くのです。

未来のニヤッとしてしまうことを書いてから、昨日の「できたこと」をついでに書いています。僕の場合は、どちらも非常に楽しい習慣なので、まったく苦労することなく続けられています。

すでに習慣化されていた未来日記に、「できたことノート」を組み合わせたというのも、楽に続けられる要因かと思います。

習慣化が苦手な人は、こんなアプリもあるので試してみるといいかもしれません。

「できたことノート」の効果

「できたことノート」の効果は、自分の自信につながるということです。

自分は何もできないと思っていたとしても、意外といろんなことができていることに気がつくことになるので、少しずつ自信が戻ってきます。

すでに自信を持っている人でも、できたことが蓄積されることで、より自信も強くなっていきます。

しかし、言葉で聞いただけでは、「ふぅーん」で終わってしまうってことは百も承知です。

だから、騙されたと思って、数日間だけでもやってみてください。

たった一言「〜ができた」と書くだけです。

それだけで、自分に自信が持てるようになれば、安いものだと思いませんか。

僕は、あなたがもっと自信をつけて、もっともっと楽しい人生を歩めることを祈っています。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

ぞの
平成生まれのサラリーマン×ブロガー。
書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。
詳しいプロフィールは、“こちらから”ご覧いただけます。
〜記事を探す〜
〜記事を探す〜