書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

「写真が役立つタイミングはいつか分からないから無駄に撮っておく習慣」が実り始めたって話。

無駄に撮影した写真たち

気になったシーンがあれば、とりあえず写真を撮っている”ぞの(@z02n05)”です。

何に使いたいとか考えずに、ある意味では無駄に撮影することを習慣にしていました。

そんな無駄な習慣が、ついに実り始めましたことを感じているので、この記事で紹介します。

ここでも無駄な写真が役立ってますよ。

広告

無駄に撮影した写真が役に立つタイミング

なんとなくいいなと思った景色は、パシャパシャと写真を撮ることを習慣にしています。

何に使うとか関係なく、本当になんとなく撮っているだけです。

僕と一緒に行動している人にとっては、「なんでこんなに写真を撮っているの?」と、不思議がられていたかもしれません。

僕もただなんとなく撮っていただけなので、「なんで?」と言われても困ってしまいますが。

しかし、そんな習慣も、ようやく実り始めてきました。

実り始めてきたというのは、写真を活用する場所が見つかり始めたということです。

ライフログとして残ってて嬉しい

当ブログの読者なら周知の事実ですが、僕は、TaskChute Cloud(タスクシュートクラウド)を使って行動ログを残しています。

なので、基本的には24時間、どこで何をしていたのかを把握しています。

しかし、例外もあります。

その一つに旅行があります。さすがに旅行中にスマホを触り続けて、ログを残すことは難しいのです。

無駄に撮影した写真たち2

そんな時に役立つのが、無駄に撮影した写真たちです。

写真を見れば、いつどこで何をしていたのかが思い出されるので、TaskChute Cloud(タスクシュートクラウド)と同じような役割を担ってくれます。

ブログやインスタの素材として使える

無駄に撮影した写真たち3

きれいな写真を撮っておくと、素材として大活躍します。

当ブログに使われている写真の多くも、何気なく撮影した写真たちです。

最近ハマっているインスタへの投稿も、昔から撮りためている写真を使っていたりします。

撮り始めたときは、素材になるなんて思ってもみませんでしたが、今はかなり活用しています。

撮っているうちに、写真の技術が向上して、素材で使えるようになってきたのかもしれませんね。

人に説明するときに楽チン

無駄に撮影した写真たち4

きれいな景色を見に行くのが好きなので、友達との会話の多くは、旅行の話になっています。

しかし、言葉だけでは、楽しい旅行の思い出話もリアリティに欠けてしまいます。

そんなときに、写真があれば説明が楽になります。相手にも視覚的に伝わるので、より共感を得られることができます。

無駄に撮影した写真たち

また、面白いイベントに参加したときや、便利なグッズを手に入れたときの説明用にも写真は有効です。

視覚情報って相手への理解を深めるために、とっても有効な手段なんだなと学びました。

さいごに

このように、無駄に写真を撮っておく習慣が、実り始めたことに気がついてきました。

そのため、今は、インスタにハマっているのです。

よかったら、覗いてみてくださいね。そしてあなたも、写真ライフを楽しみましょう。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で