写真って人の脳を働かせることができるからすごい。だから撮る、発信する。

写真の力ってすごいです。

他人の脳を働かせることができるのですから。

だから、写真を撮ります。そして、発信するのです。

写真って、いい写真と言われてるものでも、悪い写真と言われてるものでも価値があると思うのです。

だって、写真を見たら、何か思うことがあるじゃないですか。

映っているものを見て「なんでこんな形をしているのだろう」とか、撮影者を想像して「なんでこの写真を撮ったのだろう」とか。もしかしたら、「もっとこうしたらいいのに」と、思うこともあるでしょう。

そうやって、見た人の脳を働かせることができるって、すごいです。

ある意味では、写真を見てしまったら一貫の終わり。

見た人の脳は自動で働いています。

あなたもこの記事の写真を見て、何か思うことがありましたよね?

そんなすごいことができるので、僕は写真を撮ります。そして、発信するのです。

とても楽しいです。

▼あわせて読みたい




記事のタイトルとURLをコピーする!
MacBook

まず最初に読んでほしい7つの記事

1000以上ある記事の中から、厳選した7つの記事をお届けします。

TaskChuteCloud紹介用バナー(2)

TaskChute Cloud初心者向けの使い方

TaskChute Cloudを使いこなすための8つのステップを紹介しています。
時間の使い方を自覚し、自分らしい人生を送るための必須ツールです。