書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

わたしの「好きです」と「愛してます」の定義の違い。

公園で仲良く手をつなぐ付き合いたてのカップルのフリー写真画像

「好きです」と「愛してます」には、違いがあります。

はじめに言っておきますが、今からお話しすることは、僕の定義なので、「ちげぇよ」とか「気持悪」とかいう批判は、コッソリしてください。

こう見えて、とても繊細な心の持ち主なのです。

では、二つの言葉の違いについて、耳を傾けてください。

広告

「好きです」と「愛してます」の違い

恋人に「好きです」というのは、違和感があります。

「愛してます」が、しっくりきます。


Apple信者なのですが、Appleのことは「好きです」。

「愛してます」とは、言えません。


「好きです」と「愛してます」には、違いがあるのです。

似ている言葉だと思われがちですが、使い分けしています。

僕の中の定義は、それぞれこの通りです。

  • 好きです : 限定的に好き
  • 愛してます : 全てが好き

「好きです」は、限定的

告白するときによく聞かれる「好きです」は、限定的な意味です。

Apple製品で例えるなら、iPhoneの使いやすさが好きです。最先端の技術が使われているところが好きです。

と、いった具合に、ある部分だけが好きという意味なのです。

「愛してます」は、全て

一方で、「愛してます」は、全てが好きという意味です。

恋人のズボラなところも、怒っているところも、もちろん笑顔だって、全てが好きな状態が「愛してます」なのです。

笑顔は好きだけど、怒っているところは嫌いなら、「好きです」が正しいです。

この状態で「愛してます」ということはできません。

だから、Apple製品の好きなところはありますが、価格が高いところは好きなになれないので、「好きです」止まりなのです。

さいごに

「好きです」は、限定的に好きという意味。嫌いなところは好きになれない状態です。

「愛してます」は、全てが好きという意味。嫌いなところ含めて、全てが好きな状態です。

これが、わたしの「好きです」と「愛してます」の定義の違いです。

しっくり来ていただけましたか?

もしよかったら、あなたの「好きです」と「愛してます」の定義の違いも教えていただけませんか?

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で