書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

Sleep Cycleで検出方法がマイクなら、スマホケースを外すと「検出できない」が解決するかも

Sleep Cycleで「マイク」による検出ができない場合

睡眠計測アプリ「Sleep Cycle」を使っている”ぞの(@z02n05)”です。

このアプリは、長いこと使っているのですが、検出方法は加速度センサーでした。

なぜなら、推奨されているマイクによる検出にすると、「動きをほとんど検出できませんでした」となるからです。

しかし、ようやく原因がわかりました。

スマホケースです。

それでは、早速、解決策を紹介しまょう。

広告

「動きをほとんど検出できない」の解決策はスマホケースを外すこと

Sleep Cycleで検出方法がマイクなら スマホケースを外さないと睡眠を検出できない1

睡眠計測アプリ「Sleep Cycle」で、睡眠を記録する方法は2つの検出方法が用意されています。

「マイク(推奨)」と「加速度センサー」です。

どちらがどう違うのかは分かりませんが、僕はずっと「加速度センサー」を使っていました。

なぜなら、「マイク(推奨)」だと、「動きをほとんど検出できませんでした」となるからです。

長らく原因不明で、諦めて「加速度センサー」による検出方法を選択していました。

しかし、「いびき」を計測できるようになったので、「マイク(推奨)」による検出方法が使いたくなったのです。

そこで、「マイク(推奨)」を使うには、どうしたと考えて30秒で気がつきました。

「スマホのマイク部分を覆っているスマホケースを外せばいいんだ」

Sleep Cycleで検出方法がマイクなら スマホケースを外さないと睡眠を検出できない2

これで、あっさり問題を解決することができました。

普通に、推奨されているマイクによる検出で、睡眠を計測することができます。

もし「マイク(推奨)」が使えなくて、スマホケースをつけっぱなしの人がいたら、試しに外して計測してみてください。

うまくいくかもしれませんよ。

iPhoneアプリ「Sleep Cycle」は、こちらからダウンロードできます。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で